2017-06

Here’s to the ones who dream

近頃、「読書」についての話題ばかりであるので、たまには映画の話でもしてみようかと思います。映画の話、と銘打ってもまあ、いわゆる、観た映画について個人的な感想を述べるだけですが……。
アカデミー賞で数々の部門賞を獲得し、話題になっている『ラ・ラ・ランド』を先日、私も観に行ってきました。
ミュージカル映画であること、夢を追う男女の物語であること、という程度の前情報しか持たず、しかしその前情報だけでも充分に楽しみにさせられていた作品でした。
観た感想を、まずは率直に一言で言うと。

とても、よかった!!

もう一度くらいは映画館で観たいと思うレベルにはよかったです。
ただ、周囲に強くオススメするかどうかというと、ちょっと話は変わってきます。
もしも、今観ることを迷っている方の中で、迷っている理由が「皆が良いって言うし」とか「話題になってるし」とかである場合、観たあとに肩透かしを食う可能性があることを頭に置いておいた方がいいかもしれません。
これはひとえに映画のタイトルの「ラ・ラ・ラ」という響きの、楽しそ~うなイメージに起因すると思うんですが、まあ私は映画評論家じゃありませんし、えらそうに講釈するのはやめておきます。楽しいシーンがいっぱいの映画であることは間違いがありません。
楽しいシーンの代表ともいえるのは冒頭の、高速道路での渋滞のシーン。テーマ曲も良いし演出も良くてとてもわくわくしました。
ここから始まる全体のストーリーは、特に述べるところも見つからない程度の平凡な(けなしているわけではありません)流れだったのだけれど、理想と現実がかみ合わないところとか、理想に対して自分はどう行動できているんだろうかとか、そういう機微の描き方が実にリアルで、身につまされることが多々ありました。
そう。
私がこの映画をもっともよかったと思う理由は、おそらく、夢を追うふたり(セブとミア)に自分を重ね合わせてしまったところにあるのだと思います。そういう意味では公平な評価はできていないといえるんですけども、あくまで個人的な感想ですのでご容赦願いたく……。
その思い入れが最高潮に達するのが、ミアのオーディションのシーン。
大きな目に涙を光らせて歌う、その演技と歌詞に、カヤ号泣。
なお、隣で同じ映画を観ていた妹ちゃんは一粒の涙も流してはおらず、これはもう本当に自分の心に何を住まわせているかによって反応がまったく異なるのだということになると思います。
ラストの結び方も賛否が分かれるところだとは思うのですが、私は妙に納得してしまった終わり方でした。すごいスピードで流れていく「もしもの場合」の映像が凄くよかった。それが「もしも」であるということも含めて。

セブ役のライアン・ゴズリングも、ミア役のエマ・ストーンも素晴らしかったし、とにかく、音楽が素晴らしかったので、それだけでも観に行く価値があると思います。サントラが欲しい。

夢みる人に、乾杯を。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://magical365.blog97.fc2.com/tb.php/429-bcb990fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金沢の文豪に会いに «  | BLOG TOP |  » お恥ずかしながら読んでいませんでした日記① 『カラマーゾフの兄弟』

プロフィール

紺堂カヤ(華夜)

Author:紺堂カヤ(華夜)
文筆家。
日々悪戦苦闘、ただしマイペースに。
文学と声をこよなく愛する。
二つ名は「筆舌破天候ガール」
創作サークル「つばめ綺譚社」にて小説を書いています。
また、クラウドゲート㈱のWTRPG「ファナティックブラッド」にてシナリオをリリース中。

メールフォーム

文章のお仕事依頼についてはこちらからお願いします。 お名前とご連絡先は必ずご記入ください。 (読書会のお申込みもこちらです)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
にちじょー (17)
映画 (4)
つばめ綺譚社 (19)
創作 (11)
舞台 (3)
読書エッセイ『文字の海を泳ぐ』 (21)
お知らせ (6)

リンク

このブログをリンクに追加する