2014-09

ついのべ始めました。

冷やし中華始めました。
みたいな気軽さで。時期的にはおでんか。

そんな感じに(笑)
ツイッターでのお話掲載、「ついのべ」というものを始めてみました。
「コロニーNo.140」と題して、アカウントID【@colony140】でぼつぼつと流しています。
やってみたら、というおススメはだいぶ前からあったんですけど(当たれば儲かるぞ☆とか言われたこともあるwww)。
140字という制限があって、どんどん流れていくTLで連載する、ということに不安があって躊躇っていたんです。
けれども、小説だというつもりで書かなければいいのかな、というように考えて(あくまで私の個人的な考えですけども!)挑戦してみることにしました。
全体として一つの物語でありつつも、1ツイートだけ読んでもそれだけで成立しているもの、を書けたらな、と思ってます(自分でハードル上げた…;)

やってみようかな、と思ったきっかけが、先日つばめ綺譚社で参加した文学フリマ大阪。
小説だけでなくて、短歌・俳句・評論etc...様々なジャンルの作品に触れて、「ついのべ」も表現方法の可能性の一つなんだなあ、と思ったわけです。
・・・と、言うとすっげーおおげさなんですけど、ひらたく言えば影響されちゃっただけです。はい。
初・文学フリマ、すごく楽しかったです!当日に受けた刺激も、帰ってから戦利品で受けた刺激も実に心地よいものでございました。
精進しよう、と思った次第でございます。

新たな挑戦を見守っていただけたら幸いです。

適当短歌その5

十五夜でございますね!
ここのところ雨ばかりだったので心配しておりましたが、綺麗に満月が見えてよかったです。

さて。
気づいたらだいぶ短歌がたまってました!6月・7月分をまとめてありますー!
9月14日の文学フリマ大阪で刊行の『つばめの巣 第五号』では初の短歌特集を組んでますので、よろしければ是非☆(ちゃっかり宣伝)



三段のアイス食べよう、暑いから 誘う口実 夏よ早よ来い

ただ嘘を並べてるだけのツイッター 情報操作してる気になる

青空を憎んだことがない人とキスなどできないキスなどできない

自然体が美しいという男を嘲笑い脛にカミソリ置く

この恋は昔話にしてしまおう そしたら消えないずっと消えない

美しく儚さをまとうのはズルいと吐き捨てけれど見惚れ

雨の日なのにサングラスかけてるわ 濡れて青々 隣の芝よ

懸命に生きてる君らがまぶしくて 伏して書物に没頭するなり

「クズだね」と言われる前に「クズだよ」と先手を打つのもうやめにしたい

であわねば、よかったなどと、うそぶいて、下手なクロール、あわや水没

負け試合 夕日眼に沁み 仏頂面で 自転車引いて「乗れよ後ろに」

他の人の必死がつらくて見てられぬ 心だけがついてこうとする

マリンブルー ちっとも好みじゃないけれど ぼやいて買った勝負下着を

こんな人出会えないわよと思っても 捨てられないの恋愛読書

エッセイの「あの頃つきあってたひと」っての、黒塗りにしたい戦後みたいに

唐突に道行くひとをつかまえて問うてみたくなる「私のこと好き?」

「若いわね」にじむ矜持と嘲りと 受け取り微笑む はだかの唇

濡れ髪を 流して三条 女とは 乾いてしまうを恐れずいたい

ゆめうつつ 我が目見ゆるは 幻か カッコつけんな ただ眠いだけ

人に会う 傷つくために 人に会う 所詮すべては 虚構の道具

話題なく「モテそうだよね」とか嘘だ、思ってないだろ! 怒鳴れず笑う


「お題」をいただいた短歌

「洋服」
バカみたい 君が好きだという色の スカート五着も 着れもしないのに

マネキンの着てる洋服脱がしては 勝った気でいる、歩けるわたし

「ラーメン」
本当に不本意だけども疲れてるときが一番美味い。麺は固めで!

「赤色」
あなたには あかいいろこそ よくにあう
夕日背にした 鬼にほめられ

赤色の鼻緒握りしその指に 涙は落とせぬ、嫁入るわたし

「淡い恋」
淡い恋?そんな消えそなものじゃない 極彩色よあたしの恋は

赤かった色紙の花いつの間に 涙に濡れて桃色に咲く

「27歳」
禁じます。四捨五入を禁じます。逃げてるわけじゃ、ないんだけれど

「夜の海」で折句
与太話 留守番しつつ のたまへば 嬉しがりしや 汀の乙女

「蝉時雨」で折句
背中から 緑の衣 しとやかに ぐうるり笑って 麗姿(れいし)隠して

「吸血鬼」で折句
キュア・・・なんだ? うーん、そんな名 けったいな ついてゆかれん 吸血鬼みたい

「夏休み」で折句
長いこと 罪の意識で やれずいた スイカ割りって 見事にホラーよ

「オムライス」で折句
美味しいよ ムキになってる 乱暴に 胃におさめたよ スゴイ夕飯

「チョコアイス」で折句(オムライスの返歌)
ちょっとはね こりているのよ 貴方今朝 痛めたお腹 するするさすって



いろいろ挑戦した期間でございました。
折句(各句の頭の言葉を繋げると一つの言葉になるように詠むもの)は楽しかったですが結構大変で;もう少し時間をかければよかったな、と思ったりしたので、また挑戦します!

マーニー

8月が終わりましたね!
もう夏休みなどというものがなくなって久しいというのに、8月の終わりというと他の月の終わりに比べて段違いに特別に感じられるのはなぜなんでしょう。12月の終わりよりも特別感は大きいかもしれませんな・・・、あれは月の終わりっていうより年の終わりですからな・・・。

そんなわけで、9月1日です。
毎月1日は映画の日で、料金が安い!そんなわけで、偶然お休みのかぶった妹ちゃんと『思い出のマーニー』を観てきました!
情緒的なものを追求するならば、金額云々なんかもってのほかで意地でも8月中に観なくちゃいけなかった映画だとは思うんですが、そこはまあ、所詮私などエセ文化人ということで許されよ(笑)
感想を久々にしっかりと、と思って書き出したのですけれども、ネタバレせずに書ける自信はないので、追記に書いて折り畳みました。読んでくださるという方は「Read More」をクリックしてどうぞ。
るろ剣の感想は、後編観てから一気に書こうかな、と思います!

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

紺堂カヤ(華夜)

Author:紺堂カヤ(華夜)
文筆家。
日々悪戦苦闘、ただしマイペースに。
文学と声をこよなく愛する。
二つ名は「筆舌破天候ガール」
創作サークル「つばめ綺譚社」にて小説を書いています。
また、クラウドゲート㈱のWTRPG「ファナティックブラッド」にてシナリオをリリース中。

メールフォーム

文章のお仕事依頼についてはこちらからお願いします。 お名前とご連絡先は必ずご記入ください。 (読書会のお申込みもこちらです)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
にちじょー (15)
映画 (3)
つばめ綺譚社 (19)
創作 (11)
舞台 (3)
読書エッセイ『文字の海を泳ぐ』 (21)
お知らせ (5)

リンク

このブログをリンクに追加する