2014-07

適当短歌その4

ツイッターでときどき流しておりました適当短歌をまとめたもの、第四弾です!(14年5月)
5月は思ったよりたくさんあったみたいで・・・、一か月分だけの掲載ですー。
フォロワーさんからお題をいただいて詠んだものも含めております。皆さま、その節は誠にありがとうございました!


決めている 禁句は「さみしい」 言うものか 黙って山手 三周したわ

恋してた頃の自分を思い出す 芸術のため、必要だから

晴れた日に オーダーメイドを 裏返す 「ただのわがまま!」 言わずとよいのに

次こそは 君がいるかも おびえつつ もう何度目か 列車見送る

君だけと、思っているのは、私だけ うまくはいかない、現実だから

ときめきを 隠して後ろに 立っており 伸ばせぬ指で メールを打つの

手のひらの赤い三日月いつの間に? 強く握った拳の名残

「ほめてくれ」思った途端に落下した あなたのせいだ、愛しい人よ

過去形を意識してこそ使いけり 「愛していたよ」「そう、昨日までは」

音のない世界にこそ生まれけり なのにどうしてああやかましい

嘘でいい。安くて構わぬ何度でも好きだと言って。わたしに言って。

土曜日だ!喜んでみたら水曜で そんな日もある、そんなこともある

明日こそ!明日からだよ、すべてはね!言い訳じゃないさ、方便なんだ

言わないよ、そんなセリフはもう二度と
「君を手放さなければよかった」

三日ごとに変わるメニューはこちらです
「一人でいいや」「一人ではいや」

耳の下までシロップ漬けになってみたの 乞われる壊れる狂気の模倣

「常識人」 嫌いな言葉の、第三位くらい、でも言えない「会いたい」と

信じない 「答えは一つ」? 妄言よ 1+1=(いちたすいちは) 「2」にも「田」にも

「キスくらい、してあげてもいいけれど」余裕のつもり?泣きたいくせに

三時間、白紙と罫線見つめてる 生まれて初めて、買った便箋

「美しい」その一言で終わらせて 見なくていいわ血の足跡は

口の端(は)に醤油がしみて舌を出す なんてことねえ世の中なんて

午前二時 くわえタバコで空を見る 泣けぬ寝れぬと 月にわがまま

痴話喧嘩 振りかぶって生卵 第一球・・・なげ・・・やっぱりやめた

罪の味?知ったこっちゃないわ、そんなこと 赤い実齧って濡らす唇

「久しぶり」変わらぬ笑顔まぶしくて 目覚めて消える 午前五時半

思い出と虚構の違いがわからない そんなわけない、そんなわけない

自分とは違う自分になりたくて わざと似合わぬ紅を差すなり

「変わったね」君が言うのを待っている 慣れないネイル、朱くはみだし

愛してる 口に出しては言えなくて 脳内リピート自家中毒


お題「夜」
蛍光灯 消すのを忘れ、眠ってた 夜の定義を忘れて久しい

「明けるな」と東を睨んで過ごすなり 星明りだけ浴びて生きたい

お題「紫陽花」
花びらの下に両手を揃え待つ 雨に青紫(せいし)が溶け出さぬかと

寂しさが、咲いてるような鮮やかさ 目は逸らせずに、けれど泣けずに

晴れた日が似合わないねと笑われて 撥水性の視線で睨んだ

お題「羊」
眠れずに羊数えていつのまに すり替わってた、君の笑顔に

もふもふだ もこもこふわり ふわふわり しろくてあったか、まるでしあわせ

お題「イケメン」
「イケメンね」それってホントに褒め言葉?信じないけど、礼だけ言っとく

外見じゃなくて中身と嘯いて コンビニで探すアイドル雑誌

お題「革命」
たしかにねバニラ焼酎は革命だけど味わえないよ君の隣じゃ

お題「味噌汁」
手の中のケース睨んで考える 「味噌汁」使わずプロポーズしよう

お題「伴」
凶兆か、それとも瑞兆月満つ夜 あの笑顔だけを伴い去ろう

お題「鍛錬」
手も足もすべては強くあるために 強くならんばいらぬわもげよ

お題「パンケーキ」
あったかくあまーいあなたの虜なの 重みで窒息?本望ですわ

お題「暴君」
「あれ買って!」「アイス食べましょ!」「疲れたわ!」君は暴君 はいはいこちらへ



楽しく詠んだ歌が多かった印象です。
相変わらず、穿った世界観になってるものも多いですけれども;
短歌を活かした企画もつばめ綺譚社で考えておりますので、興味を持っていただけてる方がいらっしゃいましたら楽しみにしていただけたらと思います!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

紺堂カヤ(華夜)

Author:紺堂カヤ(華夜)
文筆家。
日々悪戦苦闘、ただしマイペースに。
文学と声をこよなく愛する。
二つ名は「筆舌破天候ガール」
創作サークル「つばめ綺譚社」にて小説を書いています。
また、クラウドゲート㈱のWTRPG「ファナティックブラッド」にてシナリオをリリース中。

メールフォーム

文章のお仕事依頼についてはこちらからお願いします。 お名前とご連絡先は必ずご記入ください。 (読書会のお申込みもこちらです)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
にちじょー (17)
映画 (4)
つばめ綺譚社 (21)
創作 (12)
舞台 (3)
読書エッセイ『文字の海を泳ぐ』 (21)
お知らせ (6)

リンク

このブログをリンクに追加する