2014-06

出雲の大社へ

先日、二泊三日にて島根を旅行して参りました。
初めての山陰でございます。
岡山まで新幹線で二時間ほど。岡山からは特急やくもに乗り換え三時間ほど。
なかなかの長旅でございましたが、私は電車に長く揺られていることが苦ではないので、この道中もとても楽しかったです。
たくさん本が読めました(笑)
出雲大社へ参るのだから、しっかり頭に入れておいた方がよかろう、ということで古事記(現代語訳のものなんですけれども;)を読んでおりました。

さて。
その出雲大社へは二日目に参りまして、一日目は玉造温泉をぶらぶら致しました。
いやー、実にのどかでよいところでございました。
裏を返すと、驚くほど人がいない!!!(笑)
シーズン外れの平日だったというのは大きいとは思うんですけれどもね。
水の流れ、それに沿って見事に咲き誇る紫陽花の並び、たくさん架かる小さな橋たち。
歩いているだけで心の静まる風景でございました。
駅から三キロほど歩き、玉作湯神社へご挨拶してから、美肌アイテムを買ったり(笑)、玉造アートボックスというアートショップを覗いたり致しました。
随分長い時間、足湯に浸かってぼんやりもしました、気持ち良かった・・・!
次は是非、温泉旅館に泊まってゆっくりしたいものだと思っております。

二日目は出雲大社へ。
島根在住のお友だちが駆けつけてくださいまして、松江から車で一時間ほど。
実に、荘厳で静謐な空間でございました・・・。
境内には、十月に八百万の神様がお泊りになられるという社もあり、扉がたくさん並んだ(十月以外は閉められているのだそう)光景はとてもおもしろかったです。
神社仏閣で感じたことを文章にするのは本当に難しいのですが、とにかく、来て良かったと強く思いました。
出雲蕎麦も堪能し、大社のすぐ隣にある歴史博物館もしっかり堪能し(博物館大好き!)、稲佐の浜で海にはしゃぎ、宍道湖の夕日も眺めて、本当に美しいものばかりで胸がいっぱいになりました。

三日目は松江城を中心に、松江城下を観光。
松江城は当時の姿をしっかり残している素晴らしいお城でございました!急な、しかししっかりした階段で天守閣をのぼっていくのは楽しかったです。
城以上に感動し、テンションが上がったのは武家屋敷!一軒まるっと見られたのは初めてでございましたので、本当に嬉しかったです!(どうやら本当に、国内でも例が少ないようですね。松江の他には会津や秋田にあるようですが)
小泉八雲記念館や、居住地もとてもおもしろかったです、大好きなので、八雲・・・!

本当はまだまだ、書いていないことがたくさんあるのですけれど(たくさん美味しいもの食べたしカフェにもたくさん立ち寄ったし)、大筋のところはこんなような旅でございました。
三日間とても楽しくて、得るものの多い旅でした。
二日目、三日目とお付き合いいただいた、むぎちゃんに心より御礼申し上げます。
帰ってきたばかりではございますが、また是非訪れたいと今から考えております。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

紺堂カヤ(華夜)

Author:紺堂カヤ(華夜)
文筆家。
日々悪戦苦闘、ただしマイペースに。
文学と声をこよなく愛する。
二つ名は「筆舌破天候ガール」
創作サークル「つばめ綺譚社」にて小説を書いています。
また、クラウドゲート㈱のWTRPG「ファナティックブラッド」にてシナリオをリリース中。

メールフォーム

文章のお仕事依頼についてはこちらからお願いします。 お名前とご連絡先は必ずご記入ください。 (読書会のお申込みもこちらです)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
にちじょー (17)
映画 (4)
つばめ綺譚社 (19)
創作 (12)
舞台 (3)
読書エッセイ『文字の海を泳ぐ』 (21)
お知らせ (6)

リンク

このブログをリンクに追加する