2017-10

台風一過、大阪行った

イベントにかかわらず、もっとこのブログどんどん更新したいんだけどな。くだらないこととか書きたいんだけどな。
と、言いつつ、今回はまたイベントについてです。
あまぶんから一か月もたたぬうちに、また西の方へ行って参りました。
文学フリマ大阪です。
9/18(月祝)開催。会場は例年通りの、中百舌鳥。
台風が心配された日で、前日はかなりの風雨だったんですけれども、文フリ当日はさっぱりと晴れて、まさしく台風一過といった天気でした。
と、いうような、概要的な報告や御礼はつばめ綺譚社のブログでさせていただきましたので、こちらではカヤの個人的なあれこれを少し書いておきたいと思います。

個人的なあれこれ、で一番最初に思い出すのは、文フリが終わってからのことです。
書き始めたばっかりなのに終わってからのことって、という感じなんですが。
帰りの高速バスに乗り遅れました。
ちょっと見込みが甘かったんです。地下鉄が、バス出発の4分前に到着する、という。全力疾走しましたけど、まあ、間に合いませんよね。
おバカでした。新幹線で帰ってきたので当初の予定より早く帰ってこれちゃったのがまたなんとなく悲しい気持ちになりました。
さて。
まあ、つまり、ちょっとでも長くいたいと思うくらい、文フリ大阪は楽しかったのです。
スペースにはカヤひとりでしたので、できるだけ出歩く時間を短くしようと急いで会場を巡ったりしました。その結果、迷ってしまったりしました。時間の節約になってない。
らしさんにご挨拶に行ったら「聞いてください!」と意気込んで言われ、どうしたんだろうと身構えたら「うそあまがないとすごくラクなんです!」と続けられて笑ってしまったり、
サークル「カラマーゾフの犬」さんに「ドストアンソロ、あまぶんで買いました!」とだけ言いに行ったり(それでも嫌な顔せずマシンガンロシアトークを繰り広げてくださいました、ありがとうございました)、
マツさんのスペースの前で憧れの犬尾さんにばったりお会いして急にあわあわしてしまったり、
にゃんしーさんの変身ぶりに驚いて「同一人物ですよね?え、コスプレですか、大阪っぽく、みたいな?」とよくわからないことを口走ったり。
時系列バラバラなんですけど、こんな感じでした。
つばめのスペースにもたくさんの方に来ていただきましてありがとうございました。
新島さんには、なんと、テキレボアンソロに寄稿した作品の感想を直接お伝えいただく、という!なんと嬉しいことでしょうか、ありがとうございました。びっくりしてしまって上手く返答できなかったのが申し訳ないです。
この、感想、というか問いかけ、に際してちょっと後日いろいろ考えたことがあるので、またこのブログで書こうかと思っています。(たぶん、とりとめのないことになりますが)
新刊が『繋ぎ屋台帳』の第二巻だったのですけれども、二巻だけ買っていかれようとする方に「あ、最初はこっちですが」と一巻を示したら「大丈夫です、そちらは前に買いました」と言っていただけたりもして感激しました。
続き物の、続きを楽しみにしていただけることは本当にありがたく、嬉しいことでございます。二巻刊行までに一年もかかっててすみませんでした……。
お友だちがサプライズで来てくれて、なおかつ、手作りのお菓子を差し入れてくれたり(めちゃ美味しかったですありがとう!)、嬉しい、とびっくり、が重なることが多かった感じです、今回。
リアクションが挙動不審でお隣のスペースの皆様にはご迷惑をおかけしました。50円玉切らして両替してもらったり……。本当にすみません、ありがとうございました。

そんなこんなで、あっという間でございました……。
楽しかったです。

次は、久しぶりの地元、名古屋コミティアでございます。
盟友・氷梨えりかさんとの合同誌、遊園地アンソロジー『OneDayPassport』が刊行となります。
遊園地の一日を、朝・昼・夕方・夜に分け、2本ずつ担当してとある一日を描く、という形式の一冊となっております。
名古屋コミティアで売り切れることはないと思いますが、ご心配な方のために「予約フォーム」を作りましたのでよろしければご利用ください。
予約フォーム

では。
名古屋コミティアでたくさんの方にお会いできることを楽しみにしております。

あまぶんぶんぶん

8/27(日)、尼崎文学だらけ通称あまぶんに行って参りました。
サークルとしての報告やご挨拶はつばめ綺譚社ブログ「Web版つばめ報」に書かせていただきましたので、そちらをご覧頂くこととして。
ここではカヤの個人的なレポのような感想のようなものを書き連ねさせていただこうと思います。
あまぶん、とても楽しみでした。一押し作品や推薦文のシステムはあるし、ポストカードの配信もあったし、主催者さまのこのバックアップの全力ぶり!頭が下がりました。
それだけに、楽しみでありつつも不安もありました。出店されるサークルさん同士の交流がすでに出来上がっていて、お互いの作品の推薦合戦が繰り広げられ、ツイッターでの宣伝RT合戦も白熱し……、という具合で、サークルの活動年数は長いものの、近年まで名古屋のみで細々と活動していた身としては「とんでもないところへ戦いを挑もうとしてしまったのでは……?」という気後れがありました。
かーびぃ氏ことひざのうらはやお氏が「あまぶんはスマブラのようだ」と仰ってましたけども、言い得て妙だと思いました……。
そんな中で、そういった交流とは別のところからの推薦文がいただけたことは、私にとってもつばめ綺譚社にとっても、とてもとても心強い、有難い出来事でございました。ハリちゃん、どうもありがとう!
そういうわけで緊張もありましたし、出店者なのに一読者のような気持ちも強くありました。あそこのサークルのあの作者さんにお会いできるぞ、とか、あのサークルさんの本がついに購入できるぞ、とか。
お隣のスペースが「午前三時の音楽」さんで、高梨來さんにご挨拶させていただけたことは、本当に、一読者として喜ばしいことでした。(『ジェミニとほうき星』、とても良かったんです)そればかりか、イラストと名前入りの差し入れを用意してくださっていてなんとも光栄でございました、ありがとうございました!
これまた一読者として楽しみにしていた「おとといあさって」さんの『嘘の町を出ていく』を購入できたことも嬉しかったですし、その隣で「嘘の尼崎を出ていく」(うそあま)を遊べたのも楽しかったです!2回もやりました(笑)らしさん、お疲れ様でございました。
「おとといあさって」さんばかりでなく、「だらけブース」はどこも個性的でとても面白かったです。テント建ってたし。そのうちコーヒーのいい香りし始めたし。テントの中の彩村菊乃さん、尊き雰囲気たっぷりでお声をかけられなかった……(チキンカヤ)。とかやってたら本も買い損ねました、お馬鹿。
いや、しかし、私、いつになくたくさんお買い物したんです。それでもなお、買い損ねた、買いたくても買えなかった本もあるとなると本当に、あまぶんで並べられていた本の上質さを考えさせられます。つたゐさんの本もまだ読んでないの全部買いたかったんですけどね、順番に、っていい聞かせてやめましたから。つたゐさんとはお会いする回数分だけちょっとずつ、仲良くお話させていただけるようになってる気がしてとても嬉しいです。えへ。
めっちゃ個人的な内容ばっかり!すみません。冒頭で個人的な、としたとおりです。お名前とかたくさん出していてごめんなさい。
閑話休題。
そんな素晴らしい本ばかり並ぶ中で、カヤの本を手に取っていただけたことは、本当に本当に有難いことでございます。
今回一番嬉しかったのは『手ノ鳴ルホウヘ』に関して「昨日の見本誌読書会で少し読んで『これは自分が書きたかったやつだ』と思いました」と言っていただけたことです。なんたる!なんたる!!大変有難いことでございます。最後までお楽しみいただけますように。
守護神・サクライを貼り付けたスペースの内側の祭壇も賑わっていてご利益への確信を新たにしました(笑)今回一緒に尼崎へ来てくれた妹(前日に、国立国際美術館の『バベルの塔展』へ一緒に行っていたのです)は徒歩7分の距離にある桜井神社へ行ったそうで、ご満悦でございました。

そうそう、これはつばめブログにも書いたことなのですが、カヤの歌集『たまに抱擁、ときおりナイフ』が残り1部となりました。再版はしません。通販、取り置き、先着で申し受けいたしますので、もし、ご希望の方いらっしゃいましたらお申し出くださいませ。

とりとめのないだらだらした文章になってしまいましたけれども、とにかく、とても楽しかったです、あまぶん。
主催のにゃんしー氏とあまりお話できなかったことと、朗読会や打ち上げに参加できなかったことが残念でしたが(会場を出たところでちょうど、打ち上げ用に配達されてきた、おすしとすれ違いました)、またの機会ということで……。
ええ、ぜひ「また」があってほしいなあ、と思います。
また、尼崎でお会い致しましょう。

文フリ京都へ行って参りました

皆さまごきげんいかがでしょうか。
だんだん寒くなるのに合わせて防寒グッズを徐々に増やしてひと冬を乗り切る、というカヤの毎年の計画は、今年、先日までの寒波ですっかり崩れてしまい、あっさりフル装備になりました。
さて。
先日1/22につばめ綺譚社として文学フリマ京都に参加してまいりました!
サークルとしてのご報告はすでにつばめ綺譚社ブログ「Web版つばめ報」に書かせていただきましたので、こちらではちょっと個人的な内容を交えたイベント報告をさせていただこうと思います。

初開催の文学フリマ京都、とてもとても楽しみでした。
お隣のスペースには盟友・骨組段階の氷梨えりかさん、という心強い布陣。
会場も広くて綺麗で、ブース設置もスムーズに済みました。
運営の方の気合いの入ったアナウンスが続き、会場全体があたたまっていた感じでした。
一般来場者もとても大勢でした!
おかげさまで、新刊を中心にたくさんの方に本を手に取っていただくことができました。
紺堂の既刊も気がついたらかなり出ていました、感謝です!

と、いうところまでがだいたいサークルブログと同じような内容なんですが、以上以外の個人的ハイライトとしては。

・サインと握手を求められた
・遠方から思いがけない友人がやってきた
・その友人がさらに思いがけない友人を連れてきた

・・・驚きの連続でございました、ええ・・・。
生まれて初めてサインなど書かせていただきました・・・、恐縮です・・・。
「本にサインを入れていただけますか?」と言われたときのカヤの動揺ぶりは、えりかさんが「本当に珍しい」と何度も言うほどでした。しかも、カヤはその日ボールペンしか持っておらず、隣からえりかさんが「カヤさん!ペン!」と差し出してくれたという・・・。えりかさんから「絶対に断るなよ!!」という無言の圧力を感じました(笑)
本当に、本当に、有難いことでございました・・・、なんと申し上げてよいやら。
その直後に、ほぼ三年ぶりでお会いする友人が山陰の遠方から駆けつけてくれ、びっくり。サインの話をしたら「えっ、してもらえるの?」とか言うからまさかのサイン2回目。身内は違う恥ずかしさがあるからやめよう、身内は。
その子が去り、これで終わりかと思ったら、さらに別の友人を連れて再登場。
ふたりして「ブースの内側の祭壇を見せて」とな。
ツイッター等をごらんになっている方はご存知かもしれませんが、つばめ綺譚社のブースの内側には、「よい売り上げになりますように」とお願いをするためのちょっとした仕掛け(というほどのものではない)が毎回なされておりまして。
「一度、生で見てみたかった」
「本物だー!写メっていい?」
とか言われて笑いました。観光スポットかよ。
いや、しかし、有難いことでございます、本当に。わざわざ来ていただけるというのは!

イベントに出店するたびに思うことですが、わざわざ会場に足を運び、会場の中の数あるサークルの数ある本の中から私の本を選んでいただけるというのは本当に有難いことだなあと思います。
今回、友人のことを取り上げて書きましたけれども、本を手に取ってくださる方ひとりひとりの方に対して、いつも、強く感じております。ありがとうございます。
買ってくださった作品が、どうぞお気に召すものでありますように。

そんなわけで、いつも以上に、「もっともっと、がんばって書こう」と闘志を新たに抱くことができたイベントでございました。文学フリマ京都。
今年度(つばめ綺譚社は3月〆)はカヤの本だけに限っても3種(共著を含めれば4種)と、とにかく新刊発行の多い一年でございましたので、4月からの新年度は少しスローな刊行ペースになるかとは思いますが、その分じっくりと新作を書く年にしていきたいと考えております。
書いて発表したものを、楽しく読んでいただけることは、私にとってこの上のない喜びです。つばめ綺譚社だけでなく、また様々なところで作品をお目にかけたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

文フリ京都、また開催があるようならそのときも参加したいと思います!
私もたくさん買い物をしましたので、それらをこれから読むのが楽しみです。

今年も書くこと、読むことを

年が明けて、もう一月も半分が過ぎてしまいました……!
ご挨拶が遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
さて。すでに各所でお知らせをさせていただいておりますが、1/22(日)の文学フリマ京都に、つばめ綺譚社が出店いたします。(詳しくは Web版つばめ報 へ!)
紺堂カヤの新刊はございませんが、11月に新刊として刊行した『石壁破りて蘭は咲く』や雑誌「つばめの巣 第9号」は関西初出ですので、是非お手に取っていただけたらと思います!
記念すべき、第一回目の京都文フリだということでとても楽しみです!
ここで勢いをいただいて、今年も良いものが書けるよう一層の努力をして参りたい所存です。


さて。
昨年末に発表いたしました、「今年の読書目標」でございますが、今年度はちょっと冊数が少なめでございましたので、自分でもひとつ目標を設定したいと思います。
・・・こうやって、自分でルールつくってひとり遊びするの大好きでして・・・(笑)
以前、読書エッセイのブログ連載でも書いたことがあるのですが、わたくしにはまだまだ「読んでいない本」が大量にございまして。中でも、「読んでおくべき名作」とされるものは「いつか読もう」と後回しにしてしまっているものが本当に多く、大変お恥ずかしい限りなのでございます。
「いつか読もう、とか言ってないですぐ読めよ!!!」
って感じです。ホントだよ、すぐ読めよ自分。
と、いうわけで。今年のもうひとつの読書目標は「お恥ずかしながら読んでいませんでしたシリーズ」となづけ、以下の10冊を今年中に読もうというものにさせていただきます!


「お恥ずかしながら読んでいませんでしたシリーズ」
夏目漱石『倫敦塔』
泉鏡花『外科室』
太宰治『右大臣実朝』
川端康成『古都』
谷崎潤一郎『春琴抄』
三島由紀夫『禁色』
澁澤龍彦『エピクロスの肋骨』
稲垣足穂『一千一秒物語』
森茉莉『甘い蜜の部屋』
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』


なお、この10冊、読んだら感想を当ブログに書くつもりでございます。ちゃんと読んだよ、という発表として。まあ、自己満足なんですけど!
すでに行動に移しています!現在、『カラマーゾフの兄弟』を読んでいます!今月の読書はこれにはじまりこれに終わりそう。
まあ付き合ってやってもいいよ、という方は、この目標が一年で達成されるのか否か、ぬるく見守っていていただけたらと存じます。


今年も充実した創作活動と、読書生活を送りたいものと思っております!

『カグの樹の脚』Web連載について

皆さまごきげんいかがでしょうか。
急に秋らしく、涼しくなって参りました。
先日まで募集しておりました「まどろみ読書会」への参加申し込み、誠にありがとうございました!開催は来週に迫って参りました。楽しいものにしたいと思っております!

さて。
本日はそれ以外に、少々お知らせがございます。
以前、つばめ綺譚社にて冊子刊行しておりました、紺堂カヤ著作『カグの樹の脚』がWeb連載を開始致しました!
こちら、完売につき頒布を終了していたのですが、読者さま方からの希望もあり、このような形で再度お目見えさせていただけることとなりました。
連載は冊子刊行しておりましたものに加筆修正(ただし、大筋の変更はありません)したものの掲載となります。この連載が終了致しましたら、シリーズの新作も連載していく予定でございますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。
詳しくは、連載を開始しております、ブログの方をご覧いただければと思います!
こちら→ カグの樹の脚
なお、こちらに関連しまして、10月30日(日)の名古屋コミティアにおきまして、『カグの樹の脚』の書き下ろし短編小説を無料配布にて刊行いたします。こちら、読みきりですので、『カグの樹の脚』本編をご存じでない方でも問題なくお楽しみいただける内容となっております。是非、スペース「F-45、46」のつばめ綺譚社にお立ち寄りいただければと思います!
当日はカヤがスペースにおりますので、よろしければ是非話しかけてやってくださいませ。

楽しんでいただけるものとなるよう、尽力して参ります!


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

紺堂カヤ(華夜)

Author:紺堂カヤ(華夜)
文筆家。
日々悪戦苦闘、ただしマイペースに。
文学と声をこよなく愛する。
二つ名は「筆舌破天候ガール」
創作サークル「つばめ綺譚社」にて小説を書いています。
また、クラウドゲート㈱のWTRPG「ファナティックブラッド」にてシナリオをリリース中。

メールフォーム

文章のお仕事依頼についてはこちらからお願いします。 お名前とご連絡先は必ずご記入ください。 (読書会のお申込みもこちらです)

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
にちじょー (17)
映画 (4)
つばめ綺譚社 (21)
創作 (12)
舞台 (3)
読書エッセイ『文字の海を泳ぐ』 (21)
お知らせ (6)

リンク

このブログをリンクに追加する